こんな作品が観たい時はこの配信サイトよ!目的別VOD

映画「バード・ボックス」ネタバレ感想。それの正体や、見ても大丈夫な人がいる点について

バードボックスのネタバレ感想 ホラー・スリラー

ネットフリックスオリジナル映画「バードボックス」”それ”の正体についての考察や疑問、ネタバレ感想をお話しします。

スポンサーリンク

バードボックスの概要・あらすじ

  • 監督:スサンネ・ビア
  • 製作年:2018年
  • キャスト:サンドラ・ブロック、サラ・ポールソン、ジョン・マルコビッチ ほか
突如地球上に “それ” が現れた。”それ” を見た人はおかしくなり死んでいく。マロリーは幼い命を守ろうと目隠しをしながら必死に逃げるが・・・。

ちなみにバードボックスはマロリーと彼とのイチャイチャシーンあるけど、気まずいシーンはありません。

バードボックスのネタバレ感想

全体的には少し面白かったって感じなんだけど、もっと情報量が欲しい!ってのが正直なところです。

それって何?それの正体は?

“それ”を見ちゃったら死ぬって設定でしてね、”それ”に襲われるとは違う。どちらかというと”それ”を見て精神おかしくなって自殺するって感じ。

精神をいじられるって感じですよね。(眼球もおかしくなる)

炎上した車に自ら入っていく様は不気味でした。

なんかさ、何の映画か忘れちゃったんですが “芝刈り機に自ら頭を突っ込んでいくシーン” がある映画思い出しました。あれなんだっけ・・。ハプニング??

また、”それ” は可視化されていません。

車のセンサーを使って近くに”それ” がいるっぽい事は確認できたし、風音で表現はされていましたけど、映ってはいませんでした。

分からないからこそ怖いって感じでしょうか。せめて物体を見たいし、もう少し情報が欲しいところ。

なんとなーく設定がクワイエットプレイスに似ている感じがしましたね。あれの生物は可視化されてたけど、音を聞かれたら殺される。バードボックスは見たら自殺するので。

それを見ても大丈夫な人がいる

そうなんですよね〜“それ”を見たら自殺する人、しない人がいるんです。

詳しく説明がなされるわけじゃなく映像や、途中で加わったゲイリーの台詞での判断となります。

ゲイリー曰く、“それ”は闇を抱えた人は見ても大丈夫。むしろ見たがっている。と言っていました。

見ても大丈夫な人(=生きられる人)は闇を抱えている人だそう。でもその闇がどんな状態なのか?何が闇となるのかは分からない。

“それ”を見て闇を抱えたのか、”それ”を見る前から抱えてたのかは不明。

ただ、”それ”を見ても大丈夫な人は、見たら死ぬ人に対して「(それを)見てごらん」と見させようとするあたり、”それ”の遣いのようにも感じます。

というのも、とあるスーパーに逃げ込み物資を調達しているときに、外から男性が入り込もうとするシーンがあります。その男性をみんな追い出そうとし、チャーリーが自ら犠牲になります。

その直後、その男性はチャーリーに対して「見てごらん、(それを)。綺麗だろ」って言っちゃうんですよ。見させようとするのです。

さらに、ゲイリーも無理やり見させようとしていました。

なんか本当、”それ”の子分って感じ。

むしろ、何かの基準で選ばれた人たちが”それ” の子分となり、人々を自殺させているように映りました。

どう考えても不気味に変わりはないのですが。

逃げ込んだ場所は盲目の学校だった

最後、やっと行き着いた安全な場所は盲目の学校でした。

そうでない人もいますが、そこは安全な雰囲気。

あくまで推測ですが、そこは盲目の学校ということを”それ”も気づいているから、そこにはやってこない。遣いもやってこないって事なのでしょうか。

遣いの奴らも人殺しをしたいわけじゃなく、”それ”を見させるために活動してるようなんで、盲目学校にいる人たちに出だしはしない、ということなのかな。

だとすればここに入れば安全ていう理屈も頷ける。見える人が暮らしているってことが彼らにバレなければいいけど。

ここの情報量ももっと欲しい・・・。

ただし、この場所こそ一筋の光、希望を感じました。

バードボックス2の製作が始まっているらしい

らしい。


ついに”それ”の正体が分かるか・・・?

闇を抱えた人が大丈夫っていう、その闇の定義がわかるのか・・?

見ても平気な人は”それ”の一体何なのか・・?

“それ”の弱点は・・?

めっちゃそこらへんの詳細描いて欲しいですね。

前日譚でもいいし、続編で解説を担うキャラ出てきてほしいですわ〜

タイトルとurlをコピーしました