【ネタバレ感想】ジェラルド・バトラー主演「エンド・オブ・ステイツ」|展開が読めるし大きなインパクトはなかった

エンドオブステイツアクション

「エンド・オブ・ホワイトハウス」「エンド・オブ・キングダム」に続く「エンド・オブ・ステイツ」を鑑賞しました。

話題になった爆弾オヤジなんてのも触れながらネタバレ感想をお話ししたいと思います。

SPONSORED LINK

エンド・オブ・ステイツのあらすじ・概要

シークレットサービスのマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)はある日突然の襲撃により大統領暗殺を企てた容疑者として拘束されてしまう。

世間にはかつての英雄が逮捕と報道され、世界からバッシングを受けるように…。

彼は逃亡中、敵に狙われながら”仲間”の協力を得ながら真犯人を探しはじめる。

概要

監督リック・ローマン・ウォー
製作国アメリカ
製作年2019年
原題Angel Has Fallen
上映時間120分
ジャンルアクション
キャストジェラルド・バトラー(マイク・バニング)、モーガン・フリーマン(アラン・トランブル大統領)、ジェイダ・ピンケット・スミス(トンプソン) ほか

予告動画はこちら

エンド・オブ・ステイツを観た私のネタバレ感想

まず最初に一言言わせていただくと、

う〜ん。。。。って感じ。

期待していただけに。

話の展開が見えてしまった

ヒーロー的な存在が黒幕に犯人に仕立てられるパターンって結構あるのだけどやはりこのパターンで最後まで展開が読めてしまってドキドキ感は少なめでした。

そういった映画をあまり観ない人だったら新鮮だと思うけど…。

最初は「あのヒーローがなぜ・・」とバッシング、そしてそのあと味方の存在がでてきて実は犯人は別で彼は無罪!最終的にはハッピー!!!って流れ。

途中、隙をみて家族に連絡をするのも王道。

マーク・ウォールバーグ主演の映画シューターを少し思い出しました。あれも犯人に仕立て上げられてしまう作品なので。

最初のドローンの攻撃は斬新でよかった

最初に大統領が狙われるシーンで大量のドローンが使われるじゃないですか。

この攻撃の仕方が斬新で見慣れていないから新鮮でした。

ドローンで攻撃って軍の作戦で使われそうだけど今回は人間をピンポイントで狙っていた。そして複数体いてうじゃうじゃしてて映像が気持ち悪かったのが良かったです。

あの映像のように、空中からやられたらマジで水中以外に逃げる場所ないなって思いました。水中まで追っかけてきたらたまったもんじゃないけど。

全体的には目新しいものには感じなかった

先ほど話したようなドローン攻撃のような小さな驚きはちょこちょこあったものの、全体的には目新しいものは感じませんでした。

SNSでは爆弾ジジイとちょびっと話題になっていましたが、話題になるほどの演出ではないかな・・って。

ただピンチ時の助っ人として現れたから存在はありがたかったし父親という設定もちょっと斬新でしたけど。

父親の爆弾の仕掛け方や爆発のタイミング、どれも映画らしくて先が見えてしまい、個人的には「う〜ん」もうちょいひねりが欲しかった・・って感じでした。

エンド・オブ〜シリーズの前作の紹介

エンド・オブ〜シリーズの旧作を紹介しておきます。

ただ、これらの作品を観なくても新作のエンド・オブ・ステイツは楽しめます。

登場人物は繋がっていますがストーリーは繋がっていませんでしたので。

ほんと、アクションを楽しむ感じかな。

エンド・オブ・ホワイトハウス


エンド・オブ・ホワイトハウス(字幕版)

監督アントワーン・フークア
製作国アメリカ
製作年2013年
原題Olympus Has Fallen
上映時間120分
ジャンルアクション
キャストジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、フィンリー・ジェイコブセン 他

アメリカ独立記念日の翌日となる7月5日、綿密に練られたテロ計画によりホワイトハウスが襲撃、占拠される前代未聞の事態が発生。大統領を人質にとったアジア人テロリストは、日本海域からの米軍第7艦隊の撤収と核爆弾作動コードを要求する。誰もが手をこまねくなか、かつて大統領専属のシークレットサービスとして活躍していたマイケルが、難攻不落の要塞と化したホワイトハウスへの潜入に成功。大統領救出に向けて動き出すが……。 https://eiga.com/

エンド・オブ・キングダム


エンド・オブ・キングダム(字幕版)

監督ババク・ナジャフィ
製作国イギリス、アメリカ
製作年2016年
原題London Has Fallen
上映時間99分
ジャンル アクション
キャストジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、シャーロット・ライリー など

ホワイトハウス陥落の悪夢から2年。イギリスの首相が不可解な死を遂げ、ロンドンで行われる葬儀に各国首脳が出席することに。しかし、史上まれにみる厳戒態勢の中でも各国首脳を狙った同時多発テロが起こってしまう。米大統領と身辺を警護するシークレットサービスは、命からがらに危機から脱するのだが……。https://eiga.com/

まとめ

面白かったっちゃ面白かったのですが、話の展開がみえてしまっていたので・・ドキドキワクワク感は微妙なとこでした。

ただ、ちょこちょこアクションシーンは楽しめたのと、ジェラルドバトラーは相変わらず渋かっこよかったです。まぁそんな感じ。

ちなみに・・・
映画をソファで観るとき、MOGUってクッションが腰がラクになるんで、おすすめ。




ここで紹介した作品を配信サイトでチェック!
初回無料お試し期間あり!
この記事を書いた人
うみ@映画と海外ドラマが好きな人

こんにちは。ブログを見てくれてありがとうございます。

関東在住の日本人。映画と海外ドラマが大好きな30代です。
 
映画ブログにありがちな「難しくてようわからん!」ではない文章を書いています(というか、むずい文章なんて書けない泣)
 
映画の内容をたらたら説明するのは好きじゃないので、一個人の私が "どう思ったか" "どう捉えたのか"等をメインで発信しています。

哲学や心理学が好きなんで、そういった視点からも言及しがち・・;
あなたの感覚にちょっと刺激になれば嬉しいです🌸
 
SNSもよかったらフォローしてください🕊
 
記事の更新や、映画やドラマ、アニメに関することを呟いています
👇👇

うみ@映画と海外ドラマが好きな人をフォローする
アクション
うみ@映画と海外ドラマが好きな人をフォローする
うみのブログ
タイトルとurlをコピーしました