映画ゲティ家の身代金のネタバレ感想。富豪と卑劣な行為をする誘拐犯の人間性を生々しく描いた作品

実話・ノンフィクション

映画ゲティ家の身代金を鑑賞しました。

結論から言うと、淡々と物語は進んでいき面白い展開は特にないし「う〜ん、普通」という感想。

ただ、それぞれの人間性と人間模様は面白かったですね。母親の苦労感が半端なかった。

簡単なあらすじと、ネタバレ感想をお話しします。

SPONSORED LINK

ゲティ家の身代金の概要

ゲティ家の身代金

(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

監督リドリー・スコット
製作国アメリカ
製作年2017年
原題All the Money in the World
上映時間133分
ジャンルサスペンス
キャストミシェル・ウィリアムズ、クリストファー・プラマー、ティモシー・ハットン、ロマン・デュリス、チャーリー・プラマー、マーク・ウォールバーグ ほか

ゲティ家の身代金のあらすじ

73年、石油王として巨大な富を手に入れた実業家ジャン・ポール・ゲティの17歳の孫ポールが、イタリアのローマで誘拐され、母親ゲイルのもとに、1700万ドルという巨額の身代金を要求する電話がかかってくる。しかし、希代の富豪であると同時に守銭奴としても知られたゲティは、身代金の支払いを拒否。ゲイルは息子を救うため、世界一の大富豪であるゲティとも対立しながら、誘拐犯と対峙することになる。出典:https://eiga.com/

大富豪ゲティの孫息子が誘拐され、母親と犯人との緊迫したやりとり、そしてゲティと身代金について対立する姿が描かれています。

ゲティ家の身代金を観て思ったこと(ネタバレ感想)


ゲティ家の身代金(字幕版)

終始平坦な展開だがそれぞれの人間性が面白い

ケチな富豪、誘拐された息子、そしてその母親、交渉担当の男、そして卑劣な誘拐犯たち、それぞれの人間性がわかりやすく映像に出ていたな〜って感じ。

焦点は誘拐劇ではなさそうって感じ。

母親は取り乱したり心配する姿がほとんどで予想できたけれど、富豪爺ちゃんの方が最後のようまで疑問に思ったんですよね。

単にケチって事なんでしょうか?そうとは思えなくて。

しかも「息子は私のものだ、あの女が奪ったって」って独り言のように言ってたから”金が惜しいから出さない”ってわけじゃなさそうだけど。

母親への対抗のためにあえて出さなかったのでは?って。

ゲティ家の身代金

(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

話の展開的には「え!?」「まさか!?」というのがなくて、期待しすぎた感は否めませんが、人間性に焦点を当てるとそこまで退屈な内容でもないのかもって。

私の中で「リドリー・スコット監督の作品だし面白いこと間違いなし」と期待しまくりだったんですがおそらく映画エイリアンシリーズや海外ドラマのグッドワイフの印象が頭にあったから、なのかも。

いや全く異なるジャンルでしょうよって感じだけど、同じ監督だからちょっと面白い展開を期待しちゃってた・・はは^^:

映画レビューサイトには「リドリースコット監督らしさが出ている」というコメントもあったんで、彼の作品に詳しい人ならきっと違う感想なのだとも思います。

母親が戦う敵は犯人なのか、大富豪ゲティなのか

本来なら戦う相手は卑劣な行為をしている犯人。

でも身代金を出さないといっているゲティおじいちゃんに対しても怒りがあるわけで。

前述したようにおじいちゃんは単にお金が惜しいわけでも、孫が嫌いわけでもないっぽいんだけどでもその行動のせいで母親が二重苦になるって。

そういえば誘拐をメインとした映画って、誘拐された子供の親の苦しみをフォーカスしたものが多く、観ているこちら同情心から感情移入させられちゃうのが多いですよね。それが面白さに繋がるというか。

でもゲティ家の身代金は母親の可哀想な姿を映しているのではなくて、その苦労感というか(なんでジジイ金出さないんかい!みたいな)もひしひし伝わってきて。

「みんな何もしててくれない」って嘆いてもいましたしね。

母親役のミシェル・ウィリアムズの演技は言わずもがな素晴らしかったですよ。強いなって感じ。よく耐えたというか。

耳…..やめてくれ(ちょいグロ映像)

耳のカットシーンが生々しくてあれは手汗がめっちゃ出た。グロ映画好きですけど、意識や痛みの感覚がある中での切断って想像するだけでうわあああああ。

あれは目を覆いたくなったけど、若干眠気が襲いそうなシーンが続く中でのシーンだったから「ハっ!」とした人は多いと思います。

あれは印象的ですよね。

小ネタ:役者の降板

そんなことがあったんだ…と後から知ったのですが

ゲティ役ってもともとはケビン・スペイシーが演じていたんですって。

それなのに完成間近にスペイシーがスキャンダルで降板。その後にクリストファー・プラマーが代役を務めて再撮影。

完成に苦労した作品だったんです。

ケビン・スペイシーといえばハウス・オブ・カード 野望の階段というドラマでも主役を演じていたんですよ。何シーズンも更新されて私もずっと観てた。

でも降板が決まってからは「彼がスキャンダル降板した影響で主役が変わった」というのがどうしても頭から離れなくて、単純に物語を楽しめなくなっちゃって観るのやめたんですよね。

てかゲティ役・・・雰囲気的にはめっちゃ合ってそうなんですけどね。

まとめ

全体的な感想としては、う〜ん、つまらないってわけではないけど1回観ればもういいかなって感じ。

リドリー・スコット監督の映画って感じで期待感大で観ましたが、個人的には感情移入もなければ驚く展開もなく普通でした。

面白い描写は多々ありましたし、新しい誘拐映画な感じはしますけど。

あとマークウォールバーグがそこまで目立たない作品って感じでちょっと新鮮でした。最近の映画では彼は主役が多いので。

タイトルとURLをコピーしました