こんな作品が観たい時はこの配信サイトよ!目的別VOD

【強烈】グロすぎる描写に心臓が疲れるスプラッター映画7選。切断や血飛沫シーンが怖い

グロい映画 作品まとめ

スプラッター映画まとめを作成しました。すべて最後まで鑑賞した作品。

最初に言っておきたいのですが、ここで挙げる作品は私が全てきっちり鑑賞したものですが、私が「面白い」と思った作品を挙げているわけではないってことです。

「こ・・こんな映画もあるよ・・・」なスタンスです。

そこんとこ、よろしく!

SPONSORED LINK

【閲覧注意】グロすぎる描写が強烈すぎる映画

超簡単な概要と見どころポイントを紹介していきますね。

テキサスチェーンソービギニング


テキサス・チェーンソー ビギニング(字幕版)

「悪魔のいけにえ」のリメイク版「テキサス・チェーンソー」の前日譚。チェーンソーの殺人鬼レザーフェイスの誕生秘話を描いた作品。

これは面白かった。グロ好きで観たことない人には超おすすめで観るべし。

「悪魔のいけにえ」と「テキサスチェーンソー」に関しては私は観ていないので違いや比較はできないんだけど、それでも面白いと思った作品。

関連作品を観ていないからこそ楽しめたってことかもしれないけれど。

テキサスチェーンソーがグロい作品ってのは知っていたけど、彼がレザーフェイスって名前なの初めて知りましたわ。字の如くレザーの皮な顔。人間の皮だけど。

まず冒頭から不気味で気持ち悪いのよね。食肉工場で出産するシーンとか分泌物と不衛生さが重なって強烈。さらにその赤ん坊は捨てられ拾われヤバイ家庭で育てられるわけです。

人を生きたままま足を切断したり、生きたまま台で固定され捌かれる。もう強烈過ぎて心臓バクバクですよ。なんか映画「ソウ」の方がまだ耐えられたんですけど。

私これまでたくさんグロ映画観てきたけど(と言っても自慢できるほどじゃないけど)ダントツで映像の完成度高い気がしています。内容というより、映像が。

当時は私がグロ映画の耐性なかったからちょびっとトラウマにもなりましたわ。

結末も良かった。無理くりハッピーエンド的な終わりにしないところが。てか題材的にハッピーで終わるはずがないのだけど。

ちなみにキャストでジョーダナ・ブリュースターが出ているんだけど、ワイスピのミア役でおなじみ!

テリファー


テリファー(字幕版)

殺人ピエロがたまたま出会った人々を次々と惨殺するストーリー

全米が吐いた!と話題のテリファー2を知って観たこの「テリファー」。

ぶっちゃけこれは映像にツッコミどころ要素が多くってですね。

殺戮の仕方が斬新で強烈だけど「都合よすぎやしないか・・」なシーンがあまりにも多い故に心臓バックバクにはなりませんでした。作り物感も強いし。

多分だけど、テリファー2の方が強烈っぽい。

詳しいネタバレ感想は下記ページをどうぞ。

グリーンインフェルノ


グリーン・インフェルノ【期間限定価格版】[Blu-ray]

アマゾンを訪れた環境活動家の学生達が、食人族の集団に捕獲され生きたまま食われる話

グロい映画として有名ですね。よく名を聞きます。

感想としては確かにグロいけど同じくらいツッコミ要素が多いからB級作品って感じに思っています。

食人族に捕獲されたが最後、どんどん餌食となり生きたまま体を削ぎ落とされる。腕とか目玉とか。まるで自分が家畜になったよう。その削ぎ落とすシーンが強烈でちょっと直視できないんです。

ただ、先に紹介したテキサスチェーンソーとテリファーと違うのは、人間が彼らの貴重な食料となっているから生きるためにやっているってことなんですよね。

人間からしたら最悪な行いだけど彼らにとっては食料を捌くスタンス。

でもそう考えるとさ、彼らだって人間じゃんね。共食いはしないっぽいんだけど、どういう線引きしてんのか疑問には思いました。部外者で人間ぽい体つきは捕食対象ってことなんだろうか。

いずれにせよ私たち人間から見たら残虐行為に違いはないので気分が良いものではありませんでした。

ファイナルデッドシリーズ


ファイナル・デッドサーキット (字幕版)

シリーズ物で6作ほどあります。

謎の死神の仕業によって次々と人が酷い状態で死んでいく話

登場人物がほぼほぼ死ぬことで有名なこの作品。普通に亡くなるのではなく、痛々しい死に方するんですよ。それがすっごいグロい。

偶然と偶然が重なって亡くなるんですけど、都合よくネジが外れたり故障したり物が落ちたりするわけ。

ビームが出たり死神っぽいオバケが出るようなファンタジー要素があるわけではなく、あくまで偶然っぽい感じで進んでいくんです。(ありえない偶然の連続だけど)

よくこんな強烈な死に方思いついたな・・演出家さんのメンタル大丈夫?って心配しちゃうほど。

シリーズを通しての感想は下記にまとめました。描写としてはソウより強烈。

ブライト・バーン


ブライトバーン/恐怖の拡散者 (字幕版)

子供に恵まれない夫婦のもとへ、ある日空から謎の落下物が現れる。そこには生まれたての赤ちゃんが。夫婦はその赤ちゃんを育てることにしたが、この子、何かおかしい。

宇宙から謎の物体が落下し、そこには人間の体をした赤ちゃん。

怪しさマックスだったけど子を切望していた夫婦は育てることに。(この時点で結構突っ込まれそうだけど)

可愛かったけど、次第に凶暴化して無垢な故に感情をそのまま表現するんですね。それが強過ぎてビーム放って次々と人間を攻撃するんだけど、やり方がエグい。

特に父親への攻撃はビームを使うんだけど肉が溶け落ちて強烈だった。ビームっていうファンタジー要素あるけどそれを受けた側の描写がひどいんです。

詳しいネタバレ感想はこちら↓

ソウ


ソウ (字幕版)

残虐な殺人行為をするジグソウが、過去に命を蔑ろにしてきた人々を次々と襲う話

有名過ぎて紹介するほどでもないのですが・・グロい描写があるのは間違い無いので。

ソウって最初はストーリー性がちゃんとしててそれでファンも多かったんですが、いつしかグロ路線まっしぐらで「とりあえずグロいことする」な印象が強くなっていったんですよね。

とはいえ、なぜジグソウがこんな酷いことを続けるのかって部分は一環としてあって命を粗末にしてきた人達に復讐ってかゲームをして人間としての良心を問うといった感じ。

ゲームを攻略するためのヒントは与えられるけど、それが自己犠牲が伴うものばかりで皆自分や他人の体を捧げようとするんですが・・・まぁ酷い。どれも痛々しく悲鳴を上げながら血飛沫ですから・・。

当時はこれらのシーン強烈だったな・・。

ミッドサマー


ミッドサマー(字幕版)

スウェーデンの夏至祭へと招待された学生達。そこは自然豊かで皆優しくフレンドリー。しかし何かがおかしい。やがて村人達による、儀式と称したあるおぞましい光景を目にする。

グロい描写は主に儀式でのシーンで見られます。老人2人が自らの体を捧げて崖から落ちるシーンや、学生の一人が生きたまま吊り下げられてるシーンなど。

ただミッドサマーは性の儀式ってのもあってですね、グロくないけど性描写が不気味で気分が悪くなります。

こちらも詳しいネタバレ感想は下記にまとめました。

 

以上で紹介は終わります。

ちなみに、ドラマだとザ・ボーイズも結構グロ描写があります。いきなり頭が吹っ飛んだり強烈なのでご注意を。

グロい生命体が好きな方は下記のページへGO!

タイトルとurlをコピーしました