こんな作品が観たい時はこの配信サイトよ!目的別VOD

【羊人間】映画ラムの父親の目的が意味不明だけど考察。気持ち悪い雰囲気はクセになる【ネタバレ感想】

ノオミラパス主演 LAMB(ラム)のネタバレ感想 ホラー・スリラー

映画LAMB/ラムを鑑賞しました。

羊人間や父親の目的についての考察、意味不明だけど独特な雰囲気はミッドサマーを連想させる・・諸々のネタバレ感想をお話しします。

スポンサーリンク

LAMB/ラムの概要・あらすじ

  • 監督:ヴァルディミール・ヨハンソン
  • 製作年:2021年
  • キャスト:ノオミ・ラパス、ヒナミル・スナイル・グヴズナソン、ビョルン・フリーヌル・ハラルドソン ほか
アイスランドの高原で羊飼いを営む夫婦。ある日、羊の出産中”羊の頭をした生物”が生まれた。戸惑いつつも、過去に悲しみを背負った夫婦は自分達の子として育てることを決意。束の間の幸せを感じた夫婦だったが、それも長続きはしなかった。

LAMB/ラムのネタバレ感想

要点ごとに話していきます〜。ネタバレ注意!

まず感想をサクっと述べると

もっと情報をくれ。

ってのがまず率直に思った感想。

最後の羊人間(アダの本当の父親)の復讐劇。羊人間がマリアの旦那さんを殺してしまいましたね。あれで復讐完了!アダの本当の母親羊を殺し、アダを奪った夫婦の復讐劇か!?と思ったんだけど、そう考えるとまた疑問が生まれるわけですよ・・

主人公がマリアって名前だからこれは聖書や法典をもとにした内容か?って話も出ているらしいけど私はそこらへんは知識皆無なのでスルーします。

聖書を題材にした映画であるならばもっと情報量が欲しいです。

(私の中で有名なのがマザー!、後はプリズナーズなんかも聖書に因んでいるんているんですけど。マザー!に関しては登場人物がもろに聖書に出てくる人物像に重ねているのでまだなんとなく理解はできる)

内容とはちょっとズレるけど、このなんとも言えない不安感をそそる世界観は個人的にどストライク。先日観たマザーズを思い出しました。

日の光が当たりにくい地方なんでしょうけど、終始薄暗い。毎日が曇りみたい。そして音楽も明るい音楽を使わずどんよりとした雰囲気。

それでいてあのアダの容姿ですからね。アダの容姿ってパっと見は滑稽に映るじゃないですか。

あれがギャグ映画やコメディー映画だったらまだ笑にできるのかもしれませんけど、この不穏な雰囲気や暗い映像の中にいると、そのポップさとのギャップになんとも不気味な印象を与える。

この独特な表現が私の中ではすごくダークファンタジーさもあって面白く映りましたね。

あと、映画冒頭でマリアと旦那さんが未来や過去の話してたじゃないですか。「過去にも戻れる」のウンチャラカンチャラみたいな。

まるで過去に戻りたいかのようなそんな表情をしていましたよね。

このことから夫婦の間に悲しい過去があったのではと推測され、そして物置からベビーベッドを取り出してきていたし(過去に使ったことがあるベビーベッド)、お墓参りをしていたことから、子供を失う悲しい過去を背負っていたのだと。

そんな中、アダと名付けた羊人間が生まれたから、マリアたちは(てかマリアは)我が子のように育てようって思ったんでしょうけど。

ジャンルは違うけど、ちょっとブライトバーンを思い出しました。あれも子ができない夫婦の元に宇宙からバーン!ってヤバイ人間が降ってきて育てちゃうので。

子供への執着心からなのか、もう既に感覚がズレていた感ありましたよね。

だってアダが生まれた直後、夫婦はとても驚いている症状はしましたけど、普通「ウギャアアアア!」って悲鳴を上げるほど取り乱して驚く事象だと思うんですよね。あるいはしばし硬直でその後我に返って何処かに通報とか。

でもあの夫婦は驚いてはいたけれど、取り乱したりはせず「これはまるで神様からのギフト….」かのようにマリアは羊人間を受け入れる、的な!そんな雰囲気でした。

時々映し出される、母親の羊が鳴くシーンが妙に切なかったですね〜。「私の子供返して〜」っていう。

マリアは完全に羊人間を我が子のように受け入れる感じでしたけど、旦那さんはめちゃくちゃ複雑な感情抱いていて彼がどっちに転ぶのか興味深く観ていました。

旦那さんは相当複雑な心情だったことが伺えますよねぇ。トラクターの中でめっちゃ泣いていたし。かこに子を失った悲しみは旦那さんも抱えていたでしょうし、妻の気持ちもわかる、そしてまさかの羊人間が生まれたら、妻はまるで天からの授かりものかのように感じているわけ。

「は!?育てる!?」なんて妻に対して責めれない優しさがあったのでしょうね・・・。

あ、あと猫の表情がちょっとツボでした。

あの猫可愛くない・・???

アダに対して「なんだコイツは…」な表情するんですもん。

私はね、おかしなこと言いますが動物って言語以外の何かでコミュニケーションとっている気がするんで、「動物は気づいているぞ」を表現したいのかなって受け取りました。

要所要所で犬猫映してたし。じゃなきゃ犬猫をあんなに映さない。

(冒頭に注目)アダの父親もまた、羊人間

まさかのびっくり仰天展開でしたね。まさかの大人羊人間!アダの本当の父親現る。

ここで冒頭の映像の回収がなされるわけですね。

あ、そうそう、この映画って冒頭からガッツリ観ていないと謎解きができない構成になっているっぽいですね。

私これ2回目鑑賞時に気づいたんですけど、冒頭、羊小屋に何者かが侵入して1匹のメス羊が横たわっているシーンがあるんですね。

つまりその羊が(多分このアダの父親なんでしょうけど)メス羊と交尾。んでメス羊はアダを産んで、その後マリアに殺されてしまったってことなんですよね。

メス羊めっちゃかわいそうなんですよね・・

なのでこの流れで言うとさ、アダの本当の父親が、マリアの旦那さんを射殺して、そしてアダを回収。復讐だーって思ったんですけど、だとするなら何に復讐・・?と思ったわけです。私が感じた意味不明ポイントはここだったわけです。

マリア夫婦に問題はあったし、羊人間を奪って母親を射殺ってかなり酷いこと。でも父親羊だって勝手にメス羊と交尾して孕ませて(これって動物の世界では善悪とか関係ないのか・・)

仮にですよ、アダの父親である羊人間の愛するメス羊をマリアが殺してしまったとかだったら「俺の妻を!!!!」って復讐劇ならまだ理解はできるんですけど。

(妻もあの夫婦に匿われていたから元々恨みがあったとか・・・?)

てか、メス羊なんてどうでも良くて、メス羊を殺めた、羊に対して酷いことしたマリアに対しての復讐!?

ここら辺は解釈が少し人によって別れそうですね。

とりあえず父親羊人間がマリア夫婦に復讐心を抱いていたのは確か。

 

うーん、マリア。どうして母羊を殺めてしまったのだろうか。邪魔者は排除って相当酷いし逆に敬意を払うべきではって感じよね。自宅でアダを育てて昼間は母親羊と居させるとか選択肢もあったでしょうし。

対話できる関係性でもないのかもですが。

そして最後、マリアの表情ですよね。あの表情から読み取れってことなんだと思います。

マリアが自分の下を見たんですよね。

「ん?なんで下向いた?足元?お腹?」ですよ。あれ最初どこ見てたんか分からなくて、じと〜〜〜〜〜ってみかしました笑

そしてその後「ハアっ!!」って何か気づいたかのようにため息をついてそれで終わったんですよね。

こういうのまさしくオープンエンディングってやつじゃないですか・・?

マリアが妊娠したって解釈もできそうですしねぇ。

気まずいシーンはある?

一部、ベッドシーンというか濡れ場シーンが映ります。

マリアの上半身が映るので、これが気まずいシーンとなるかもしれません。

このさ〜場面を映したって事はですよ、夫婦の営みを映したって事は、何か意味がありそうですよね。

マリアこの時に妊娠したんじゃない?とも読み取れますよね。

映画って、シーン1つ一つに意味があるもんじゃないですか。

その他思ったこと

ミッドサマーとどことなく雰囲気似てるね・・

このラムってA24って配給会社が担当しているんですけど、ここミッドサマーと同じとこなんですよね。

ミッドサマーでドカーン!と知名度がアップしたらしく、こういう独特な映画を取り扱うとかで人気が急上昇中らしく。

なるほど納得。

ミッドサマーはグロさや不気味さがラム以上ですが、漂う不穏な空気は似ていますよね〜

私ミッドサマー好きなんで、ミッドサマーが好きな人はラムも気に入るかもしれないって思いました。

 

 

はい!そんな感じでござんした。

しばらく羊を見るとアダ思い出すでしょうな・・。

個人的には、もっと情報量が欲しいけど、まぁ復讐劇ってのは理解できた。

この気持ち悪い雰囲気がクセになりますな〜

よかったら下記ページも見てってください〜不気味系映画
【考察・疑問】北欧ホラー映画マザーズ(2022公開)のネタバレ感想。人間の悪を表現したかったのか?
アリアッバシ監督のマザーズを鑑賞しました。今回もまた、重く「うーん?」な内容でした。 なんかね〜はっきりしないってのが正直なところ。 映画「マザーズ」の概要・あらすじ 監督:アリ・アッバシ 製作年:2016年(日...
【オープンエンディング】考察しがいがある映画9選。あなたはこの内容、理解できる・・?
考察好きのあなたへ、こんにちは。 考察好きなあなたへ捧げる、物語全体が意味不明だったり、結末がオープンエンドだったり様々なジャンルの考察しがいがある映画を紹介。 私はこういう時間かかって「....は?」ってなるんだけど、このペー...
【ネタバレ】狂気映画ミッドサマーのミートパイ・グロ・やばいシーンなどもろもろ考察・感想
ヤバイ映画、気まずいシーンてんこ盛りってことで話題のミッドサマー。 花や衣装、人々のダンスなど美しい映像の中に、サイコで残酷で不気味な内容と描写が繰り広げられています。 一度観たらなかなか忘れられない描写に度肝をぬかれましたね。...
洋画「マザー!(2017)」のネタバレ感想。聖書の内容を知って観ると面白い。大気汚染、温暖化への警鐘か
日本公開中止になったジェニファーローレンス主演の映画「mother!(マザー)」をU-NEXTで鑑賞しました。 アメリカの映画(洋画)です。 結論から言うと、理解不能不可避すぎて1度鑑賞しただけでは「はぁぁぁ!?」て感想しか出て...

 

ここで紹介した作品を配信サイトでチェック!
余談ですが・・・
映画を観るとき、MOGUってクッションが腰がラクで、おすすめ。
ホラー・スリラー
スポンサーリンク
この記事の著者(私)
うみ@映画と海外ドラマが好きな人

こんにちは。ブログを見てくれてありがとうございます。
映画と海外ドラマが大好きな30代です。

映画ブログにありがちな堅苦しい表現はありません。書けないんで汗
それに知識もないんで、マウントもしません。ご安心ください。  

一個人の私が "どう思ったか" "どう捉えたのか"等がメイン。

SNSはこちら
👇👇

うみ@映画と海外ドラマが好きな人をフォローする
うみのブログ
タイトルとurlをコピーしました