【ディストピア】映画マッドマックス怒りのデスロードの狂気っぷりが想像以上に面白い【あらすじ・ネタバレ感想】

SF・ファンタジー

あまりアクション映画が好きそうじゃない友達から

「マッドマックス超面白いよ!」とオススメされたので観てみました。

ディストピアの世界を描いていて所々オウェっとなりますがアクションシーンのリアルさと迫力には脱帽。

見どころを踏まえ、感想をお話ししますね。

マッドマックス 怒りのデス・ロード

概要

監督ジョージ・ミラー
制作国アメリカ
制作年2015年
原題Mad Max  Fury Road
上映時間120分
ジャンルアクション
キャストトム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ゾーイ・クラヴィッツ ほか

マッドマックスのざっくりとしたあらすじ

核兵器による大量殺戮戦争勃発後、生活環境が汚染され、生存者達は物資と資源を武力で奪い合い、文明社会が壊滅した世界を舞台とする。 出典:https://ja.wikipedia.org/

もともとマッドマックスは1979年公開のオーストラリア映画です。

狂った世紀末の砂漠が舞台で改造車で戦いまくるシーンは当時もすごい話題になった映画でした。

今回の怒りのデスロードはそのリユーアル版みたいな感じで、ストーリーも似たような内容です。

舞台は核兵器の戦争直後。

秩序が崩壊した世界で、愛する家族を失って喪失していたマックス(トム・ハーディ)は砂漠の独裁者であるイモータン・ジョーの軍団に捕らえられます。

マックスはその後監禁され、核物質の影響で病気になっていたり長く生きられない白塗り男たち(ウォー・ボーイズ)のための供血として血を輸血されることに。こういう描写が不気味なんですよねぇ。

女性の乳房から母乳を搾取機でミルクを取るというなんとも気持ち悪い映像も出ます。うウェッ・・!!って感じ。

そんな独裁国家に反撃に出たのがイモータン・ジョーの部下だったフュリオサ(シャーリーズ・セロン)。

彼女の反撃に手伝うことになったマックスは、彼女と一緒に自由を求める道を選ぶことに。

ほんとこの時代がディストピアって感じで道徳もクソもない、完全に秩序が狂った世界。思考が本気で狂っているのです。

特にこの世界を支配している独裁者のイモータン・ジョーが最たる狂気として描かれています。変なマスクしているし人間っぽさゼロです。

そんな彼の部下(白塗り男たち)は忠誠心の塊。彼の命令ならなんにでも従います。

この世界を変えてくれる可能性を持った二人(マックスとフュリオサ)が独裁者軍団たちと戦っていく様をアクションシーン多めに表現しているので、頭で考えるというよりかはアクション観てスカッとする要素が大きいように思います。

映画マッドマックス 怒りのデス・ロードのネタバレ感想

ディストピアあるある。敵という存在の思考回路がぶっ飛んでいる

まず思ったのは。

世界を征服し己のものにしたいという支配欲、そして秩序が崩壊した世界で生存本能だけ突出している世界で生き抜いてきた精神、だいぶ思考がぶっとんでいます。

肉体は核物質で汚染され狂ってはいるが人間という肉体を持つ以上、血は必要。健康そうな生身の人間から輸血するとか生存本能から来る愚かな狂気。

あまりに現実とかけ離れていて、今のこの時代ではその描写が気持ち悪く感じ「そこまでして生きたいのか?」とは思うものの生存本能は生きている限り切り離せませんよね・・。

改造車の見た目が斬新でおもしろい

本作のアクションシーンで度々登場する変わった形をした改造車。

ウニみたいな車も出てきます。ほんと、こんな感じのフォルム。

単純に見た目が面白いので魅力の1つとして紹介しました。

まさに戦うためだけに作られた車がたくさん登場。今にも壊れそうなものばかりだけど。

歴史なのか未来なのかいつの時代なのかわからなくなる人物像と環境

いわゆるディストピアな舞台って、設定は未来がほとんどだけど様々な物が崩壊してしまっているのでアナログなものや衣類を纏っていることが多いんです。

核爆弾が爆発してモノが崩壊して、残ったモノを取り繕う感じ。

未来だとこう、ボディスーツとかSF感漂うスタイリッシュでシンプルな服をイメージしたくなりますが、ディストピアだと麻とか汚れた綿、原始時代に戻ったのかと思わせるほどのボロボロの服を着ているんですよね。

で、本作は正しくは未来の世界を描いています。

この世界観が過去にタイムスリップしたかのような感覚にさせられるのでいかにもディストピア感が出てて良い。

砂漠で改造された車がバンバン走るし銃もでてくるわけですが、アナログ武器な槍で攻撃することもあります。

長い棒に乗ってびよよよっーーーんって攻撃にかかるシーンとか有名ですね笑

まるで歴史にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。

実写80%だけあってカーチェイスがとてもリアル

これはかなりの見どころ。可能な限り実写で撮影されている(80%実写)からとてもリアルで且つ迫力もすごい。

CGも細かく設定されているので不自然さが少ないです。

砂嵐の中で車が宙を舞って人もふっ飛びますが、そこもとてもリアルに映されています。

アクションシーンでCGを使うのはリアルさがとても重要ですよね。

独裁国家について考えた

このような秩序が崩壊し、生存本能のまま生きる世界で国民を導こうとする1人の存在が現れたら、国民はその人を指導者と捉え、奴隷のように従うようになってしまうのでしょうか。

こんな疑問が幾度もなく頭に浮かびました。

でもどんな独裁国家でもいつか必ず終わりがくる?ってのがメッセージとして込められているようにも感じました。

生きるためとはいえ、不満は積もりきっかけさえあれば国民の不満が爆発し崩壊する、そして新たな国家が誕生する場合もあれば新たな独裁者に支配されることもあるでしょうが・・結局長続きしないんですよね。

まとめ

という感じで、終始ディストピア〜!な雰囲気で、そして迫力あるリアルなアクションシーンは良かったです。

ドッチャンガッチャン忙しくこれぞマッドマックスの世界観って感じでしょうかね。

前作を見ていなくても楽しめるものですので、スカっとしたいときにでもご鑑賞あれ。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました