【乗客の命を救ったのに責められる】映画ハドソン川の奇跡のネタバレ感想。機長の表情に注目|心情を想像すると涙が止まらない

ノンフィクション

なぜ大勢に人を助けたのにこんな辛い思いをかかえなければいけないのか・・・・

観ていて胸を締め付けられる映画【ハドソン川の奇跡】を鑑賞しました。

ただの感動作品ではなく、いろんな角度から泣ける映画だなと思いました。

ハドソン川の奇跡のあらすじ・概要


ハドソン川の奇跡(字幕版)

あらすじ

09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。 出典:http://eiga.com/

乗客を助けるためにハドソン川に着水することを決断した機長。

そして乗客を救ったにも関わらず、徹底的に追求されて責められてしまう実話をもとにして作られた作品です。

概要

監督クリント・イーストウッド
制作国アメリカ
制作年2016年
原題Sully
上映時間96分
ジャンル ドラマ、実話
キャストトム・ハンクス、ローラ・リニー、アーロン・エッカート ほか

ハドソン川の奇跡のネタバレ感想

ハドソン川の奇跡

(C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved

機長が徹底的に責められる

乗客全員を救ったのにあとからいろんな問題が浮上して徹底的に追及されてしまうって観てて辛いもんがありましたねぇ。

国家運輸安全委員会から検証映像やらなんやらで、機長の判断する時間がなんやらで・・。

追及されるシーンは本当に辛い。

もういい加減にしてくれ!シミュレーションがなんだ!救ったという事実をもっと褒めてくれ!何が組合だ!

と何度思ったことか。てかまじでなんなのあのシミュレーション。安全な場所でやってて本当にそのシミュは “正” な結果なんですか?って感じ。

しかも都度都度映る機長の表情が悲壮感出てて辛い。

それに追及されている時の機長の返答シーンに注目してもらいたい。

機長の表情は怒りではなくて、なんかこう「私だって自分の行動が正しかったとか言いたくないよ。こんなこと言いたくないよ」感が出ているような表情で。

機長だってあれが正しいとまでは思っていないだろうし、てか正直あれで良かったんだろうかって迷いもあるだろうし(私の妄想?)、だけど実際は乗客を救ったのだからそれをみてほしい・・・ですよね。

ああ・・なんか、あれは乗客救ったヒーローの顔ではない。

正直どや顔になってもらいたいくらいなのに。

委員会側は責任追及が仕事なのかしら・・・。まぁいろんな事情があるんでしょうけど。

ていうかぶっちゃけみんな仕事だから追及しているのであって心の底では「機長よくやったな〜!!」って感じているんじゃないの?と思いたい。

だって想定しうる最善の結果と事実を照らし合わせたところで、実際は結果が乗客全員助かったのだから、それを最善の結果とする方が正しいのでは?。

まぁ結果として組合も理解してくれたから良かったけど。

無駄な演出がなく、焦点がブレてないのが良かった

無理やり感動ストーリーに仕立てあげたり、変に大胆な演出してダイナミックに映したりしていないのが良かった。

この作品のテーマは事故後の機長なので、川への着水はそこまで大袈裟に描いていないのも焦点がズレてなくて違和感なく観れた。

もちろん映像としてはリアルで(着水の瞬間の映像どうやって撮影したんだろってくらい綺麗だった)素晴らしかったけど。

ただあの邦題・・原題のSally にすれば良かったのに。奇跡って入れちゃうと感動系と勘違いしちゃう人いそうじゃないですか?私だけ?

機長の心情を想像するだけで胸が張り裂けそう

感動シーンではないのだけど、想像して泣ける場面がいくつもあった。

まず着陸シーン。これ劇場で観て号泣した気がする。

考えてみて欲しいんですが、大勢の乗客の命が自分の手にかかっている中での川への着陸。想像できませんよね。

乗客以上に機長の方がうん百倍怖かったに違いないし心身ともに大ダメージ。だけど冷静さを失わずに最後まで乗客を守り抜いた。あの精神性は考えただけで・・てか考えられない。

そりゃ訓練しているしプロだから当たり前だけど、でもあんな状況普通のパイロットだってそうそうないでしょうよって感じで。

さらに病院で乗客155人全員の生存を確認したと分かったシーン。あの時の機長の表情がたまらない。トム・ハンクスの演技・・ここでも泣いた。

映像では感動シーンに仕立てている感じじゃないけど、想像すると泣けるシーンってのはちらほらあって、私は涙腺が崩壊しまくりだった。

最後のシーンで機長も私も報われた

最後の最後で当時乗っていた実際の乗客がちょろっと出てきたシーン。あれは感動したしそれまでの「組合め!」という憤りが浄化されました笑。

それに感動シーンを最後の最後にちょびっと持ってきたのも、やはりテーマをブレさせてないって感じでよかった。

「乗客はみな機長に感謝しているんだよ」これが真実かなって。

いろ〜んなしがらみとか権力とか利権とか大人の事情があるから追及されて、これぞリアルな実話話って感じではありますけどね。

いやはや、なかなか重たい内容ですが素晴らしい作品でしたよ。

まとめ

ハドソン川の奇跡は、ただの感動映画ではありませんでしたね。

機長が終始冷静で、リアルな描写で描かれていて無理くりダイナミックに感動的に映していないのが良かった。

実際には乗客は相当パニックだったでしょうけど、テーマとして取り上げたい部分がそこじゃないから無駄な演出していないのが良かった。

感動ごとでは済まされない現実的な内容には複雑な気持ちにもなりましたが、個人的にはとても面白い作品でした。

おすすめです。

ここで紹介した作品を配信サイトでチェック!
この記事を書いた人
映画と海外ドラマが好きな人

こんにちは。ブログを見てくれてありがとうございます。

関東在住。映画と海外ドラマが大好きなアラサーです。
鑑賞記録を残したいと思いこのブログを開設しました🎥
 
映画ブログにありがちな「難しくてようわからん!」な雰囲気でない文章を書いています(というかそういう文章しか書けない泣)
 
映画の内容を説明たらたら説明するのは好きではないので、一個人の自分が"どう思ったか" "どう捉えたのか"等をメインで発信しています。
 
あなたの感覚にちょっと刺激になれば嬉しいです🌸
 
SNSもよかったらフォローしてください🕊
 
記事の更新や、映画やドラマ、アニメに関することを呟いています
👇👇

映画と海外ドラマが好きな人をフォローする
ノンフィクションヒューマンドラマ洋画
映画と海外ドラマが好きな人をフォローする
うみの映画と海外ドラマの感想ブログ
タイトルとURLをコピーしました