感想|1917 命をかけた伝令は虚しさを感じずにはいられない作品|撮影技術と演技力の高さには圧巻された

1917戦争
(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

1917 命をかけた伝令を鑑賞しました。

撮影技法や、豪華俳優陣、そしてストーリー、素晴らしく感じましたが私にとっては虚しさが残る映画となりました。

まぁ戦争映画って私の中では虚しさって言う感情と引き離せないんですよね。。。

あらすじと概要、私のネタバレ感想をお話ししたいと思います。

SPONSORED LINK

1917 命をかけた伝令の概要・あらすじ


1917 命をかけた伝令 (字幕版)

概要

監督 サム・メンデス
製作国イギリス・アメリカ合作
製作年 2019年
原題 1917
上映時間 119分
ジャンル 戦争
キャストジョージ・マッケイ、ディーン・チャールズ・チャップマン、マーク・ストロング、アンドリュー・スコット、チャード・マッデン、コリン・ファース、ベネディクト・カンバーバッチ ほか

あらすじ

1917年、第一次世界大戦時。イギリス兵のスコフィールドとブレイクの2人は、最前線の仲間1600人の命を救うべく、ドイツ軍を追撃中のマッケンジー大佐への重要な伝令を命じられた。敵陣が潜む危険な道のりを進んでいく2人だったが…。

1917 命をかけた伝令のネタバレ感想

1917

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

虚しい

私の1番の感情が、虚しいでしたね。

まぁ戦争映画は全般的に言えることなんですけど、こういう映画の鑑賞後は決まって虚しさが強く心に残ります。

今回は最前線の1600人の兵士を守るために伝令を届けると人を描いた内容で、最終的にマッケンジー大佐に伝令を届けることができた。

確かにそれで1600人の兵士を救うことができたのは素晴らしいことだと思います。

ただその後にマッケンジー大佐の「また別の伝令が来る」と言う台詞に、私の虚しさが爆裂。

伝令は繰り返され、その度に多くの兵士が失われていく・・一度の伝令でたくさんの兵士が救われたとしても、その救われた兵士はまた別の伝令で散っていくかもしれない。

そのセリフを聞いてウィルがどんな気持ちになったことか。

あの表情がどんな感情を表現してたのかは、私は想像するしかできませんが、達成感に慕っている顔では無いように感じました。やり遂げた・・・って表情ではないよね、あれ。

ここのシーンで全てを持っていかれましたね、わたし的には。

撮影技術、すごい

1917はワンカットで撮影されていると言われていて、それが話題に上っていましたね。

でも調べてみると、「よくよく見るとカットがなされている」という内容の情報も目にしました。

個人的には、オールワンカットって1時間2時間ぶっ続けってちょっと無理があると思ったので、どこかでカットできるようなシーンはあるだろうと思いながら見ていました。

じゃあ実際どこでカットされてたかって言われると答えられないのですが(おい)、 でも画面が全て煙で覆われたシーンとかありましたよね。

画面全体何かで覆われたら、カットで繋げられるよな〜って思ったりしました。

それとどこかの記事で、監督は撮影の方法をゲームを参考にしたと書かれてたんですよね。

まるで自分がゲーム中にコントローラーを持ちプレイヤーを操縦するかのようなそんな撮影方法を意識したとかそんな内容だった気がする。

確かに映像の中ではひたすらウィルとトムを追っている映像が続いていて。ほんとにゲームの中を見ているような映像が続いていました。

それと最後、マッケンジー大佐に伝令を届ける直前。ウィルが爆撃の中で走るシーン。

あれはとても迫力がありましたね。劇場で鑑賞したんですが、感極まりましたよ。あれは。

感動とは違うんだけど。

多くの兵士とぶつかり転びながら必死に走る姿は、虚しさの感情が込み上げてきている中の私にはなんとも言えない辛い、泣きたくなる映像でした。

大御所俳優がたくさん出てる

出演俳優で観る映画を選ぶこともあるので、 これは個人的には結構魅力的でした。

さらにちょっと驚いたのがトム役のディーン=チャールズ・チャップマン。

途中刺されて亡くなってしまったトム・ブレイク役を演じているのだけど、彼はゲームオブスローンズトメン・バラシオン役に出てました。

トメン役はかなり幼いときの出演だったので、1917に彼が出てたなんて最初は気づきませんでした。あとでキャストを調べているうちに気づいて、ちょっとびっくり。

そしてなんとトム・ブレイクお兄さん役リチャード・マッデン。

リチャードは同じくゲームオブスローンズロブ・スターク役。

ゲームオブスローンズ好きの私としてはプチ興奮しました。

別作品で再開・・!(まあよくあることなのだけどw)

こんな感じで豪華俳優陣などキャスト目当てで観るのも、後から面白い発見があって面白く感じたりしますよね。

ちなみに・・・
映画をソファで観るとき、MOGUってクッションが腰がラクになるんで、おすすめ。




ここで紹介した作品を配信サイトでチェック!
初回無料お試し期間あり!
この記事を書いた人
うみ@映画と海外ドラマが好きな人

こんにちは。ブログを見てくれてありがとうございます。

関東在住の日本人。映画と海外ドラマが大好きな30代です。
 
映画ブログにありがちな「難しくてようわからん!」ではない文章を書いています(というか、そういう文章しか書けない泣)
 
映画の内容を説明たらたら説明するのは好きではないので、一個人の自分が"どう思ったか" "どう捉えたのか"等をメインで発信しています。

哲学に傾聴しているのでそういった視点から言及しがち・・;
あなたの感覚にちょっと刺激になれば嬉しいです🌸
 
SNSもよかったらフォローしてください🕊
 
記事の更新や、映画やドラマ、アニメに関することを呟いています
👇👇

うみ@映画と海外ドラマが好きな人をフォローする
戦争
うみ@映画と海外ドラマが好きな人をフォローする
うみのブログ
タイトルとurlをコピーしました