【パニック作品】クワイエット・プレイスのネタバレ感想。斬新な設定の謎の生命体が気持ち悪い。結末の母親の表情に全て持ってかれました

ホラー

音を立てたら「何か」に襲われ即死・・・・・

そんな新しいストーリーのパニック系ホラー「クワイエット・プレイス」を鑑賞してきました。

結論から言って、

ポップコーン持って観たら後悔しますよ・・!!笑

それに

めっっっっっっちゃ面白くて、観ようと思った自分を褒めました。とにかく怪物がキモイし感動するし結末が超かっこいい!

え!?なにこれ面白いじゃん!!!って感じで会う人会う人におすすめしたくなりました。

ってことで映画「クワイエットプレイス」のあらすじ、そしてみどころポイントを紹介したいと思います!

映画「クワイエット・プレイス」について

概要

監督ジョン・クラシンスキー
制作国アメリカ
制作年2018年
原題A Quiet Place
上映時間90分
ジャンルホラー、パニック
キャストエミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ、ジョン・クラシンスキー ほか

あらすじ

世界は「音」に反応して人間を襲う「何か」によって恐怖に包まれていた。決して音を立ててはいけない、声も出してはいけない、音を立てたら即死。

そんな音のない恐怖の生活をしているアボット一家。生き延びるために知恵を絞り、会話は手話、生活音も限りなく無音で暮らしていた。

そんななか、妻の出産日が近づき、一家は想像を絶する恐怖に襲われてしまう・・。

映画「クワイエット・プレイス」のネタバレ感想

ネタバレご注意ください。

ホラーという怖さは全くないが無音故の緊張感・緊迫感は手に汗握る

一言でいうとドキドキハラハラ映画だよってことなんですが、設定が少し面白い。キャッチフレーズにあるように “音を立てたら即死” なので音を出したら”何者か”に気づかれ殺されてしまうのです。

見た目はエイリアンみたいに血色が目立ち表面はテカテカ、目はなく鼓膜部分が異常に発達し、集中して何かを聞き取る時は鼓膜周辺の硬い皮膚のようなものがパカっ・・・っと開きます。

この開く瞬間がまぁ気持ち悪い。うげげ。

基本無音生活なのですが、たまに予期せぬ「バン!!!」とか「ガッチャーン!!!!」という音がしてしまうんですよ。そしてすぐに奴らが襲ってくる。

瞬発力も身体能力も凄い、だけど瞬時にやってくるということはそう遠くない距離にあちこち生息しているということ。

音を立てさえしなければ身を隠さなくても暮らせるわけだけど、家周辺のあちらこちらに潜んでいる中で暮らすってものすごいストレスフルですよね。

無音が多いのでいきなりバーン!!!ってその生命体が登場するシーンはなく、逆に予期せぬ生活音に(ランプを転がしてしまったり)ビビってしまいます。奴らに、というよりかは音にビビるw

これもパニック系やスリラー系の作品としては新鮮味がある見せ方ですね。

エイリアンみたいなその「何か」が超気持ち悪い

前述しましたが、「何か」がちゃんと気持ち悪い。

はい、しっかりちゃんと気持ち悪い生命体。この生命体が気持ち悪くなかったら拍子抜けしちゃうとこでしたが、グロくて強そうで最強キモキモ怪物で、CGもリアル。違和感を感じずに最後まで観ることができました。

というか最近のエイリアン系生物の傾向なのか、お花のようにパッカ〜ンと開く系の生物が増えているように思います。

そして開いた中身も最高に気気持ち悪いというw

自分の顔部分だったり、クワイエットプレイスだとそれが鼓膜部分だったり、パッカ〜ン→うわ気持ちわるっっっっって感じw

生活音は気づかれるが自然音は気づかれないという設定

突っ込みどころといえば、音の種類ですね。

草木が風になびかれる音、水の音などの自然音には奴らは反応せず、人や動物から生まれる生活音に反応するんですよね。

どうやって聞き分けているのかな?とちょっと設定を知りたくなりました。

音をキャッチするのも、爆音だったらすぐにやってきますが小さな生活音だったらよっぽど近くにいなければセーフだったりする。

観てて「今の音アウトでは?」と思っても奴らはやってこなかったりするので、線引きはどこなんだろうって思っちゃいました。

愛する家族を守るために自らを犠牲に

アボット家には、次男が電池で音がなる飛行機を鳴らしてしまい奴らの餌食になったという悲しい過去があります。

その飛行機の電池を内緒で渡してしまった次女はずっと己の行為を悔いていて、父親との確執が生まれ、どことなくギクシャクしていました。

当然家族は次女を責めることはないのだけど、次女は “自分が弟をあんな目にあわせてしまった” “父親から愛されていない”と思っていた。

1番の悪は奴らの存在なのに・・・ね。

そんな中、クライマックスで次女と長男が奴らに襲われそうになった時、父は声を出し自分をおとりにして子供たちを守る。

その時のセリフと父の表情がたまらない。

“愛している” って伝えるの、何もこんな時でなくても良いのに。重すぎるよ。

登場キャラが犠牲になってしまうシーンってホラーだったらパニック系にはつきものですが、悲しい過去や家族の問題が背景にある中での今回の犠牲はとても辛いものがありました。泣けるなぁ。

最後の最後の母親の表情に注目してほしい。良い意味でいろいろ持ってかれた、完全に。

最後の最後あの母ちゃんの表情よ。

このシーン、観た人全員「おおおおお!!」と反応したんじゃないでしょうか。

奴らに対抗できる強力な武器を見つけた次女と母。

「これならいけるわね(ニヤリ)」なあの表情は父親の犠牲という傷心もふっとぶ威力でした。

いや〜たまりませんよ。全て持ってかれました。

クワイエット・プレイス2への期待感が爆発した瞬間でもありましたね。

この終わり方。好きだわぁ。

まとめ

と、いうことで個人的には大好きな映画になりました。

所々細かなツッコミはありつつも、パニックホラーとしては今までにないストーリーで純粋に楽しめました。

とにかく最後のあの母ちゃんの表情。何度みても「うおおお」ってため息でちゃいます。

ここで紹介した作品を配信サイトでチェック!
この記事を書いた人
映画と海外ドラマが好きな人

こんにちは。ブログを見てくれてありがとうございます。

関東在住。映画と海外ドラマが大好きなアラサーです。
鑑賞記録を残したいと思いこのブログを開設しました🎥

映画の内容を説明たらたら説明するのは好きではないので、一個人の自分が"どう思ったか" "どう捉えたのか"等をメインで発信しています。

あなたの感覚にちょっと刺激になれば嬉しいです🌸

SNSもよかったらフォローしてください🕊
記事の更新や、映画やドラマ、アニメに関することを呟いています
👇👇

映画と海外ドラマが好きな人をフォローする
ホラー洋画
映画と海外ドラマが好きな人をフォローする
映画と海外ドラマについての記録
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました