自分を認めてくれる半魚人との純愛|映画シェイプオブウォーターは切なく激しい愛情物語【ネタバレ感想】

SF・ファンタジー

今回は映画シェイプオブウォーターについて。

異人類(半魚人)との熱く、そして切ない恋愛を描いた作品です。

自分を認めてくれる存在は人間でなくても良い。彼女だからこそ感じる究極の純愛に複雑な思い抱きつつも、その斬新な世界観にただただ観入ってしまいました。

めちゃくちゃ妄想をかき立てられる作品です。

シェイプオブウォーターのあらすじ


シェイプ・オブ・ウォーター (字幕版)

1962年、米ソ冷戦時代のアメリカで、政府の極秘研究所の清掃員として働く孤独なイライザ(サリー・ホーキンス)は、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と共に秘密の実験を目撃する。アマゾンで崇められていたという、人間ではない“彼”の特異な姿に心惹(ひ)かれた彼女は、こっそり“彼”に会いにいくようになる。ところが“彼”は、もうすぐ実験の犠牲になることが決まっており……。
出典:https://www.cinematoday.jp/

イライザは耳は聞こえるけど声が出ない(声帯にダメージを負って)ハンデを負った女性で、ある日研究所に送り込まれた半魚人に心惹かれていく話。

監督ギレルモ・デル・トロ
制作国アメリカ
制作年2017年
原題The Shape of Water
上映時間124分
ジャンルファンタジー
キャストサリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス ほか

シェイプオブウォーターのネタバレ感想

シェイプ・オブ・ウォーター

(C)2017 Twentieth Century Fox

半魚人との純愛

めちゃくちゃ想像してしまった。半魚人という異人類との恋愛。

彼女が声が出ないというハンデを負っているから、そして彼女の境遇が半魚人への純愛に変わったと思うのですが….

半魚人なんてまさにファンタジーの世界だし人間ではないものに恋愛感情を抱くとか全く想像できませんよね。

愛だったら感じられますけど(ペットに愛情を感じるじゃないですか)でも恋愛は異次元ですよね。

でも自分を認めてくれる存在=自分が自分でいられて、自分が心を許せる となると恋愛に発展しやすいのかな?しかもあの半魚人、体格自体は人間の男性とちょっと似ていますしね。見た目はちょっとグロいけど。目もあるし腕も足もある。

物に恋愛感情を抱く人はいますが、(物と結婚する人もいますよね)まだそっちの方が理解できる。

ツッコミどころというか違和感

半魚人が出てくるという斬新な作品ではあるのですが、シリアスで笑えるシーンは全くありません。

女性を捻くったり差別的な対応をしたり、ソビエトの冷戦時代の政府の極秘研究所が舞台だからシリアスな会話も含まれます。

なんだけど、イライザの妄想?で半魚人とダンスするシーン、あれは違和感を感じてしまった;

伝えたいことはわかるんだけど、すごくコミカルに感じてしまって・・一瞬現実の世界に引き返された感覚に陥りました。

さらに男女の営み。半魚人ですが体格は大人の男性。そういう機能があるということは分からなくもないですけど・・・でもイライザは完全に恋している感じだったらそういう展開もありえる。

でも個人的にはそこはなくてもよかったな〜って感じ。裸で水中を一緒に泳ぐくらいだったらまだ理解できるのだけど。

私が半魚人を”人”と思えていないが故の感想なんでしょうね。

ちなみに水を溜めたシーン、よく水漏れせずに大量に溜まりましたね。あれ地味に気になった;

ハッピーエンドなのかどうかは観た人に委ねられる結末

これ、問いたい。あなたはどう思いました?あのエンディング。

私はハッピーエンドだと思うのですが、観た人によってはちょっと後味残るのかも?とも思いました。

やはり人間としての幸せの定義というか、人間だからこその幸せを知っている人間としては、人間と半魚人の暮らしって果たして幸せなのか想像ができない。

仮に相手しか自分を理解できない、相手は唯一の理解者だと思ったらどこまでもついていきたいと思うのだろうか・・。

イライザは水中でも暮らしていける体になったけど・・その後の生活がめちゃくちゃ気になって仕方なかった。

続編あったら観たいけど、まぁないですよね泣

彼女の心情的には愛する人と一緒になれて幸でしょうが、そもそも彼女が現実世界で幸せではないのは理解者が少なかったからなのでは?と思うと、あー!なんかお節介心で「別に半魚人でなくても彼女は幸せになれるだろうに」なんて思っちゃう。

でも彼女にしか分からないしな。。私なんかひどいこと考えている気がしてきた。

まとめ

シェイプオブウォーターを観て、人間でない彼がどんな生物なのか!ということよりも、それを取り巻く人間のリアルを描いた内容でした。

結末にいろんなこと考えさせられたんで、最終的には面白かったなというのが素直な感想です。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました