ネタバレ感想|縞模様のパジャマの少年は後味悪いけど、観るべき映画の1つとなった

縞模様のパジャマの少年ヒューマンドラマ
(C)2008 Miramax Film Corp All rights reserved.

知人に勧められて縞模様のパジャマの少年(英題:The Boy in the Striped Pyjamas)を鑑賞しました。

後味悪いよ、誰も救われない作品だよって聞かされていたので、いわゆるダンサーインザダーク系かなって思って観た私。

結論から言うとダンサーインザダークほどではないけれど、ただただ残酷でした。

歴史と、運が味方してくれなかった・・・と言いましょうか。

実話という情報は出てきていませんが、あの収容所の存在や行いは実話なので観賞後は、少し放心状態となりました。

※ネタバレありの感想です。

縞模様のパジャマの少年の概要

縞模様のパジャマの少年

(C)2008 Miramax Film Corp All rights reserved.

監督マーク・ハーマン
制作国イギリス、アメリカ
制作年2008年
原題The Boy in the Striped Pyjamas
上映時間95分
ジャンルドラマ
キャストエイサ・バターフィールド、ベラ・ファーミガ、ジャック・スキャンロン、アンバー・ビーティー ほか

縞模様のパジャマのあらすじ

第二次世界大戦下、8歳の少年ブルーノ(エイサ・バターフィールド)は、ナチス将校の父(デヴィッド・シューリス)の栄転でベルリン郊外に引っ越すことになる。裏庭の森の奥、鉄条網で覆われた場所を訪れたブルーノが出会ったのは、縞模様のパジャマを着た少年シュムエル(ジャック・スキャンロン)だった。二人は友情を育むが、ある日ブルーノはシュムエルを裏切ってしまい……。https://www.cinematoday.jp/

縞模様のパジャマを観た私の感想(ネタバレあり)

無邪気さがこんなに残酷に映るなんて

この作品はブルーノという子供目線でストーリーが進んでいくので、ブルーノの行動や思考が顕著にセリフに表れています。

子供なら知らないことが多すぎるから、当然ありとあらゆることに疑問を抱く。そして見たまま感じたままに発言し、まさに無邪気そのもの。

大人だったら暗黙の了解は”仕方ない”的な思考、同調圧力などすぐに判断することができるけど、子供にはそんなのない。だって無邪気だもんね。

ブルーノのその無邪気さと、大人である自分との思考のギャップさ、そして歴史的背景を知っている大人がこの作品を観ると胸が締め付けられますね。

ブルーノは子供だから・・と思いつつもその無邪気な発言が我々大人の心をえぐる。

母親の心が救いとなった

作中、大人は全員あちら側な考えなのかな・・と思ってしまいそうでしたが、母親は人としての心をしっかりと持った女性でした。

だからこそ夫がしていることを知った時は取り乱し体調を崩したわけで。

それと、ブルーノが怪我をしてパヴェルが手当てした時、包帯を見た母親がどんなセリフを放つのか一瞬ヒヤっとしましたが「ありがとう」って。

この母親の行動でどれだけ心が救われたか・・・(私的には、この母親の存在のおかげで最後まで観続けるモチベにつながったと言っても過言ではない)

でもそんな母親も最後はブルーノを失ってしまうわけで、あともう少し早く引っ越していれば・・・って感じ。

母親に対してもちょっと感情移入してしまった・・

衝撃のラストシーン。シャワー室にパヴェルいた?

最後のシャワー室、私の認識ではパヴェルの顔が映っていたように思うのですが・・・気づきました?(いまだに確証はないのですが・・)

一人の老人の顔をパっと映したんです。

映画でしかもあんな重要なシーン、一人の老人をパっと映すのって、意味があるように思えてならない。

私はあれはパヴェルだったんじゃないかな・・?と思うのですが・・一瞬だったんで、気づかなかった方はぜひもう一度観てみてください。

あれがパヴェルだとするなら、同じシャワー室にいたことになります。

タイミング的に、なんとも映画らしい展開ではありますが、パヴェル(であろう老人)の表情も悲しい様子でそこでも心がえぐられました。

結末について。あれは縞模様のパジャマの少年の復讐なのか?わざと?について私の考察

結論から言うと、復讐とするなら、何を持って復讐とするのか?で結論が変わってきます。

もしあれがシュムールの復讐とするならば、塀の中の生活があまりに残酷でブルームにも味あわせてやりたい!という気持ちからの復讐という説も分からなくはない。

でもあのシャワー室についてはシュムールが知っているはずもない・・・・(と私は思っている)ので、それが復讐とは到底考えられない。

シュムールがシャワー室の存在を知っており、自分もいつかあの煙の中に・・と察していたのか?うーん、やっぱり私はそうは思えません。

最後まで子供達は無邪気のままだった。

それがわかって観ているからこそこちらの心がより一層崩されてしまうんですよね・・

久々の、後味が悪くて誰も救われない映画でした。

まとめ

後味もそうですし、無邪気なブルーノの発言や行動がここまで大人にとって残酷に映るなんて・・・映画レビューの評価が高いのも納得でした。

そして実際に起こった悲しい歴史に因んだ内容ということも重なって、心がぐっちゃぐちゃになりましたね。

明るい話ではないけれど、観るべき作品とも思いました。

ここで紹介した作品を配信サイトでチェック!
この記事を書いた人
映画と海外ドラマが好きな人

こんにちは。ブログを見てくれてありがとうございます。

関東在住。映画と海外ドラマが大好きなアラサーです。
鑑賞記録を残したいと思いこのブログを開設しました🎥
 
映画ブログにありがちな「難しくてようわからん!」な雰囲気でない文章を書いています(というかそういう文章しか書けない泣)
 
映画の内容を説明たらたら説明するのは好きではないので、一個人の自分が"どう思ったか" "どう捉えたのか"等をメインで発信しています。
 
あなたの感覚にちょっと刺激になれば嬉しいです🌸
 
SNSもよかったらフォローしてください🕊
 
記事の更新や、映画やドラマ、アニメに関することを呟いています
👇👇

映画と海外ドラマが好きな人をフォローする
ヒューマンドラマ歴史
映画と海外ドラマが好きな人をフォローする
うみの映画と海外ドラマの感想ブログ
タイトルとURLをコピーしました