映画ワイルド・スピード アイス・ブレイクのネタバレ感想。面白い爽快カーアクションだがデッカードはそのまま悪でいて欲しかった

アクション

今回は大好きな映画「ワイルド・スピード」の「ワイルド・スピードアイスブレイク」を鑑賞してきたので感想をお話しようと思います。

結論から言うと過去作の中で最高に面白い内容となっていました。

ここでは、おさらいとして過去のシリーズについても少し紹介します(もうすでに知っているよ〜って人は飛ばしてくださいね)

映画ワイルド・スピードシリーズの過去作

ワイルド・スピードはシリーズものなので、これまでに公開された作品名を公開順で紹介します。

これまでに上映されたワイルドスピードシリーズ

これまでに上映された作品は以下の通り

1作目(2001年公開):ワイルド・スピード
2作目(2003年公開):ワイルド・スピード X2
3作目(2006年公開):ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT
4作目(2009年公開):ワイルド・スピード MAX
5作目(2011年公開):ワイルド・スピード MEGA MAX
6作目(2013年公開):ワイルド・スピード EURO MISSION
7作目(2015年公開):ワイルド・スピード SKY MISSION
8作目(2017年公開):ワイルド・スピード ICE BREAK ←これがこの記事で話す内容です

もう10年以上続く大作な映画なんですよね〜。

ちなみに7作目のSKY MISSION はめちゃめちゃヒットして世界興行収入が500億円突破して話題になりました。

ワイルド・スピードのストーリーの時系列(ちょっとややこしい)

ワイルドスピードのシリーズは時系列が公開順ではないので、わけわからなくなりますよね。

なのでちょっとここでおさらい。

1作目→2作目→4作目→5作目→6作目→3作目→7作目→8作目の順(これ以降は公開順)

3作目のTOKYO TRIBEがいきなり飛んでますが、3作品目の内容は当初スピンオフの内容かと思ったら6作品目の次の内容となっていたので。

まぁでも個人的にはここらへんの内容はあまり好きではないので(あんま楽しくなかった)どうでもいいって感じではあるのですが^^;

過去の作品すべてを観たなかで、個人的にはスカイミッションが1番おすすめ。

7作目のSKY MISSION(スカイ・ミッション)はファンの思い入れも強い

本題前にちょっとこの話をさせてください。

7作目のSKY MISSION ではそれまでレギュラーで出演していたブライアン役のポール・ウォーカーが撮影中に不慮の事故で亡くなったことで遺作となった回。

とくにテーマ曲のsee you againはポールのための追悼曲と言われていて、最後のシーンなんかもう・・歌詞と映像、セリフが重なりすぎて辛かったですよね。

私はこのワイスピシリーズをしょっぱな7作目から見たので、なぜ映画の最後に「for Paul 」と文字が映し出されていたのか「?」でしたが、理由を知って2回目観に行った時は胸が締め付けられる想いでした。

DVDなどで今でもこのシーンを見ると辛いです。とにかく歌と映像と全てが重なっていて。

映画ワイルド・スピード アイスブレイクの概要・あらすじ


ワイルド・スピード ICE BREAK (字幕版)

概要

監督F・ゲイリー・グレイ
制作国アメリカ
制作年2017年
原題The Fate of the Furious/Fast 8
上映時間136分
ジャンルアクション
キャストヴィン・ディーゼル、ジェイソン・ステイサム、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、シャーリーズ・セロン ほか

あらすじ

ドム(ヴィン・ディーゼル)は、キューバで恋人とのバカンスを楽しんでいたのですが、ある人を人質にされてしまいます。

そして心を鬼にして守るべき人を守るために仲間(ファミリー)を裏切り、サイバーテロリストと組むことに。

仲間は”きっと何か理由があるはずだ”と信じドムと戦うのですが…。

映画ワイルド・スピードアイスブレイクのネタバレ感想

やっと本題、前置き長すぎましたね。

ぶっ飛びすぎでしょ。カーアクションを超えた戦い方へと進化してた

7作目からカーアクションの次元を超えたぶっ飛びアクション満載だでしたが、今回はそれをも超えましたね。

潜水艦や飛行機が登場して、車どこいった!?感はちょっと突っ込みたくなりましたが”アクション”の迫力は息を飲むものがありました。

ただ、おそらく見せ場である氷上のシーンよりも街中のカーアクションの方が楽しかった。そうだ、ここが車の見せ場って感じだったんでしょうね。

遠隔操作されて車が落ちるシーンとか撮影どうやったんだ!?って感じ。映像は綺麗でしたけど。

キャスト陣の肉体美

アクションの仕方やキャストの筋肉モリモリ肉体美が多いのも魅力の1つ。マッチョ好きにはたまらないでしょう笑

私は結構ガン見しちゃう。日頃からがっつりトレーニングしているんだろうな〜。

ドウェイン・ジョンソン(ホブス捜査官役)

ホブス捜査官を演じるドウェイン・ジョンソンの人間離れした筋肉。

サッカーボールが腕の中にあるんですか!?って感じのあの腕。まじで人間離れしていますよね。

筋肉すごい人のアクションシーン(対人)は迫力が違いますね。刑務所の乱闘もなかなか良かった。

ジェイソン・ステイサム(デッカード役)

敵役デッカードのジェイソンステイサムのアクションシーンが本当にかっこいい。すっごいキレッキレ!

ホブスとはまた違った俊敏さがある。

赤ちゃんを守りながら戦うシーンには人間の心がちゃんとあるんだなって思って少しはほっこりしました。

ただ彼に関してはずっと極悪でいて欲しかったです。(私の願望です;)

彼の弱点や子守、ちょっと良い人感が出てたのは人によっては「なんだ〜良い奴なんじゃん〜♪」と思う人もいるでしょうが、私は悪を貫いてほしかったなって笑

最後のファミリーに仲間入りするのもまぁ面白い展開ですが、やはり悪でいて欲しかった・・・笑

まとめ

総合的にはアクション映画として楽しめました。(劇場でガッツリ観れて良かった)

車とか潜水艦、そして遠隔操作によるドッチャンガッチャンで、個人的には歴代2番目の面白さって感じ。

あーでもやっぱりデッカード、悪でいて欲しかったな〜笑

ここで紹介した作品を配信サイトでチェック!
この記事を書いた人
映画と海外ドラマが好きな人

こんにちは。ブログを見てくれてありがとうございます。

関東在住。映画と海外ドラマが大好きなアラサーです。
鑑賞記録を残したいと思いこのブログを開設しました🎥

映画の内容を説明たらたら説明するのは好きではないので、一個人の自分が"どう思ったか" "どう捉えたのか"等をメインで発信しています。

あなたの感覚にちょっと刺激になれば嬉しいです🌸

SNSもよかったらフォローしてください🕊
記事の更新や、映画やドラマ、アニメに関することを呟いています
👇👇

映画と海外ドラマが好きな人をフォローする
アクション洋画
映画と海外ドラマが好きな人をフォローする
映画と海外ドラマについての記録
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました